初心者でもヨガ哲学が圧倒的にわかりやすくなる学び方とは?

初心者でもヨガ哲学が圧倒的にわかりやすくなる学び方とは?

ヨガ哲学は、難しいのでしょうか?
たしかに、古代のインドで発展した哲学ですから、現代に生きる日本人の私たちにはとっつきにくいものです。
しかし、学び方次第で、とてもわかりやすくなるんです。

今日は、ヨガ指導でもある私が、試行錯誤の末につかんだ「最短でヨガ哲学が理解できる勉強方法」をお伝えします。
ヨガ哲学が難しいと思っている人、ヨガ哲学初心者さん、ヨガインストラクターを目指している人に読んでいただけると嬉しいです。

ヨガ哲学は『ヨーガスートラ』から始める

ヨガ哲学を効率よく学びたい人は、教典『ヨーガスートラ』から読み始めます。
なぜならば、ヨガの定義・実践方法を明快に提示した最初の教典が、『ヨーガスートラ』だからです。
日本語訳が何冊か刊行されています。
私のおススメの本は、「ヨーガスートラ」全文掲載のおすすめ本は、この5冊! で紹介しています。
参考になさってくださいね。

なお、ヨガ指導者を目指している人は、『ヨーガスートラ』以外に読んでおきたい文献があります。
以下の順番で読むと、ヨガ哲学の全容が分かりやすいです。

  1. 『ヨーガスートラ』
    →サーンキヤ哲学を背景としたヨガの理論、理論実践としての古典ヨガを理解する。
  2. 『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』
    →タントラの影響を受けて形成された「ハタヨーガ」の実践書。伝統的なアーサナ・プラーナーヤーマなどの具体的な技法について理解する。
    ※『ゲーランダ・サンヒター』と比較しながら読むのも興味深いです。
  3. 『ヴァガヴァッド・ギーター』
    →大叙事詩『マハーバーラタ』の一部でヒンドゥー教の教典。ヨーガの定義が『ヨーガスートラ』とは異なるニュアンスであることを確認しておく。

ちなみに、3つの文献は成立年代(古い)順に
『ヴァガヴァッド・ギーター』→『ヨーガ・スートラ』→『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』という位置づけになります。

なお、『ウパニシャッド』を読むかどうかですが、私は、必須ではないと思います。
インドの身体観・解脱願望などの独特の背景思想について、直接確認したい人は読まれるとよいでしょう。
ダイジェスト版の『タットヴァボーダ』が手ごろです。

重要単語はサンスクリット音のまま覚えよう

さて、『ヨーガスートラ』の本を手に入れました。
読んでみて、どうでしょう。
とっつきにくいと感じると思います。
それもそのはず、『ヨーガスートラ』は、もともとサンスクリット語の詩節型式で書かれていますし、日本人にはなじみのない概念や用語が満載です。
ヨガに独特の用語は、内容が想像しにくい仏教の漢語があてられたり、意訳されたりします。
日本語訳のみで読み進めると、ヨガ哲学がより難しいものに感じられます。

まるで、登場人物が多い小説を、それぞれの人物の名前とキャラクターが一致しないまま、読み進めているようなものです。
何が起こっているのかが分からず、ワクワク感も面白さもありません。
結局はいつのまにか本を閉じるか、眠ってしまうかで、読了できません。

ですから、『ヨーガスートラ』を読み進める際は、重要単語は固有の言葉としてサンスクリット音(おん)のまま覚えるようにします

例えば、 『ヨーガスートラ』第1章2節です。

ヨーガス チッタブルッティ ニローダハ *

ヨーガとは心の活動を一時的に停止させることである **

*『やさしく学ぶヨガ哲学 ヨーガスートラ』
**世界の名著1『バラモン教典・原始仏典』

まず、キーワードである「チッタブルッティ」は、「チッタ・ブルッティ」というサンスクリット音のまま、固有名詞として覚えます。
そして、その意味は「心の活動」と覚えます。
このように、ヨガ固有の単語は、音と意味をセットで覚え、理解します。

例えば、「コンサルティング」という外来語を、「経営上の問題解決をサポートする業務」という意味で覚え理解するのと同じ要領です。

英語学習では、単語を覚えれば覚えるほど長文読解がスムーズになりますよね。
それと同じで、ヨガ哲学の学びも語彙力を高めることで、圧倒的にストーリーが分かりやすくなるのです。

内容の重要度を把握しメリハリをつけて読む 

『ヨーガスートラ』は全編195節。
インド哲学の教典としては短い方といわれますが、初心者さんにとっては情報が多いと感じることでしょう。
そこで、単語や詩節の重要度を把握してメリハリをつけて読み進めます。
すると、『ヨーガスートラ』のメッセージが分かりやすくなります。

前述のように、第1章2節で語られる「チッタ」「ブルッティ」「ニローダ」などは、重要頻出単語です。
ヨガ哲学を学ぶうえで、その他にどんな用語が重要かは、以下の記事でガイドしています。
参考にしてくださると、嬉しいです。

あくまで本編優先。解説は後から読もう

『ヨーガスートラ』の本はたいてい、パタンジャリ編纂の本編195節の対訳と、詩節ごとに著者による解説が掲載されています。
ヨガ哲学をわかりやすく学びたい人は、まず「本編」を学術的に正しく読むことです。
語彙力向上と、論理の解明に焦点を当てるべきです。

ただし、「解説」で補足される情報は理解の助けになります。
特にヴィヤーサの註解など、伝統ある註釈書が引用されている場合は、読んでおくとよいでしょう。
しかし、著者の私見・持論や考察部分は、後から読むようにしましょう。
著者の思想的・実践的な立場によっては、解説で論じられる情報が本編と矛盾します。
本編と直接関係のない古今東西の事象と結びつける解説は要注意です。

ただし、この方法で難しいと感じた人は、第2章から読み始めるといいですよ!
第2章部分は成立年代が古く、内容的に重要かつ、筋が通っているので頭に入りやすいです。

今すぐ『ヨーガスートラ』を手に取ろう!

いかがでしたでか?
ヨガ哲学をわかりやすくする勉強の仕方は、以下の4つです。

  1. ヨガ哲学は『ヨーガスートラ』から始めよう
  2. 重要単語はサンスクリット音のまま覚えよう
  3. 内容の重要度を把握しメリハリをつけて読んでみよう
  4. 本編重視。解説部分は後から読もう

ヨガ哲学の初心者さんは、『ヨーガスートラ』の第2章から読み始めるといいですよ。

最後になりますが、ヨガ哲学は、それまでなじみのなかった異文化の思想です。
少しずつ、段階的に勉強していきましょう!
ヨガ哲学が、あなたの日常に、癒しや希望をもたらしてくれますように。


指導者のための『ヨーガスートラ』関連記事

  1. 初心者でもヨガ哲学が圧倒的にわかりやすくなる学び方とは?
  2. ヨガ指導者のための『ヨーガスートラ』第1章かんたんガイド
  3. クリヤーヨガとヨガ八支則の違いは?『ヨーガスートラ』第2章ガイド
  4. 究極のヨガ練習「サンヤマ」とは?『ヨーガスートラ』かんたんガイド第3章

参考文献

  • 『世界の名著1バラモン教典 原始仏典』中央公論社 (1969/5/30)
  • 『解説ヨーガスートラ』佐保田鶴治 著 平川出版社(1983/8/10)
  • 『やさしく学ぶヨガ哲学 ヨーガスートラ』 向田みお著 アンダーザライトヨガスクールYOGA BOOKS (2015/3/1)

幸せなヨガ哲学の勉強法

『ヨーガ・スートラ』195節のうち、最も論理的で実践的な教え「ヨガ八支則」。
ヨガ哲学は、まず最初に「ヨガ八支則」の理解から始めると、迷子になりません。
「一生モノ」のヨガ哲学の学びのスタートラインはこちらから!