体が硬い私でも、マタニティヨガをやったほうがいい理由とは?

「体がものすごく硬いのですが、マタニティヨガに参加しても大丈夫ですか?」
これは、マタニティヨガに参加希望の妊婦さんから寄せられる、最もよくある質問です。
「ヨガは体が柔らかい人がするもの」というイメージが強いと、「自分には無理なのでは?」と心配になってしまいますよね。

今日は、体が硬いことを気にしている妊婦さんでも、マタニティヨガを始めた方が良い理由をお伝えします。

妊婦さんの体は、硬くない!妊娠前より柔らかい可能性アリ

意外と知られていないのですが、じつは…妊婦さんの体は、妊娠前よりも柔らかくなるのです。
理由は、妊娠中に分泌される「リラキシン」というホルモンです。

リラキシンは、以下のような作用があるとされています。

  • 恥骨結合を弛緩させる
  • 子宮頸管を成熟させる
  • 産道周囲の結合組織を緩める

人の妊娠・出産におけるリラキシンの役割や、いつからいつまで分泌されるかなどの詳細は、はっきりとわかっていないようです。

今この時点で言えることは、リラキシンには、骨盤まわりの組織をゆるめる作用があり、結果的に妊婦さんの骨盤まわりの関節可動域は広がるだろうということ。
赤ちゃんの大きな頭が、お母さんの産道をくぐりぬけられるのは、リラキシンのお陰。
リラキシンが、お産を助けてくれるホルモンと呼ばれるのも、うなずけます。

妊娠した女性の骨盤まわりは、妊娠前よりもかなり柔らかくなる、と考えてよさそうです。
そして、ヨガの練習によって、股関節などの可動域が広がる可能性は十分あります。
体の硬さをコンプレックスにしていた女性にとって、妊娠中は柔らかくなるチャンス、ともいえそうです。

妊娠中のヨガだからこそ、気をつけるべきことがある!

マタニティヨガ教室では、従来よりお産の準備として股関節を柔軟にするポーズが行われてきました。
開脚やスクワットのポーズなどで、骨盤底や内ももをストレッチし、リラキシンの作用をより高めていたわけです。

ですが、マタニティヨガの練習で、ぜひ気を付けていただきたいことがあります!
それは、ストレッチしすぎない こと。
骨盤まわりがゆるみすぎて不安定になると、骨盤がぐらぐらする感覚・恥骨まわりの違和感などの、不快な症状につながる可能性もあるからです。
マタニティヨガでは、オーバーストレッチにならないよう、注意しましょう。
痛みやしびれ・震えがなく、ご自分が気持ちよいと感じる程度のストレッチ感なら良いでしょう。

柔軟性アップだけではない、うれしいヨガの効果とは

「私は体が硬いんです」とおっしゃる妊婦さんは、いざレッスンでお体を見せていただくと、実はそうでもないのです。
私が指導するうえでも、妊婦さんの体の硬さが問題になることはありません。

「自分だけ体が硬くて恥ずかしいから」と、マタニティヨガに参加しないのは、もったいないことです。

レッスン中の妊婦さんは、体の感覚や呼吸・お腹の赤ちゃんの様子に集中しています。
つまり、レッスン中に他の妊婦さんが、あなたをじろじろ見るようなことはまずないということです。

ヨガはポーズだけでなく、呼吸、瞑想、リラクゼーションも合わせて行うことで、相乗効果が得られるものです。
マタニティヨガには、ストレス・妊娠中の不安感・不快感を軽減する良い効果が確認されています。

マタニティヨガは、妊娠期という特別な時期に、ご自分のお体の個性や変化とじっくり向き合う機会。
「今はちょっと硬いけど、どんな風に変わるかな?」というような気持ちで、参加してみてはいかがでしょうか。

まとめ:マタニティヨガは、体が硬いことを気にしなくて大丈夫!

マタニティヨガをするにあたって、体が硬いことを気にしている妊婦さんに、私がぜひお伝えしたかったのは、以下の3つです。

  1. 妊婦さんの骨盤まわりは、リラキシンホルモンの影響で妊娠前よりも柔らかくなる可能性が高い。
  2. マタニティヨガは、練習方法に特別な配慮が必要。
  3. マタニティヨガには嬉しい効果がいくつもあり、すこやかな妊娠期の助けになる。

体が硬いことが問題になることはまずありませんので、気にしすぎず、マタニティヨガにトライしてみてはいかがでしょうか。

当教室のマタニティヨガでは、ストレッチ・筋力保持を、妊婦さんの状態に合わせて練習していきます。
さらに呼吸とリラクゼーションで、妊婦さんが自分で気持ちを和らげていく方法を学んでいきます

通常は横浜市泉区の助産院でレッスンをうけたまわっています。

遠方の方、時間が合わない方のために、マンツーマンオンラインセッションも用意しています。
初回体験(20分間)は無料。安心して始められます。

今、家でお過ごしになる妊婦さんが多いことと思います。
赤ちゃんを迎えるまでのおうち時間を、マタニティヨガで充実させてみませんか?
妊娠16週からご出産前まで承ります。

担当講師は2010年からヨガを指導し、助産院や区役所の産後ヨガ教室でも講師をつとめる、産前産後ヨガの専門家です。
快適な妊娠期間を過ごしていただけるよう、ヨガでサポートいたします。

マタニティヨガオンラインレッスンのご案内

マタニティヨガの効果については、以下の記事をご覧ください。
これで納得!マタニティヨガの効果について、今わかっている本当のこと

画像をアップロード

ご予約・ご相談

お問合せはお気軽にどうぞ