ヨガ講師が教える肩こりの根本原因と、自分でできる3つの改善策!

つら~い肩こり。慢性化していませんか?
そして「どうせもう治らない」と、あきらめていませんか?
ちょっと待って! 
病気でない、いわゆる肩こりの多くは、自分でラクにすることができます。

私からのおすすめは、ヨガをすること。
ヨガは、肩こりを軽減・予防に役に立つ3拍子揃った健康法です。

この記事では、まず、肩こりの原因と根本的な解消方法を紹介します。
そして、ヨガで肩こりがラクになる理由や、おススメのポーズを詳しくお伝えしていきます。

ただし、肩こりの原因として、首・眼・高血圧・四十肩(五十肩)・更年期障害などの病気が潜んでいる場合があります。
この場合は、医師に診断してもらうことが一番の解決策となります。
肩こりで病院なんて…と思いがちですが、眼精疲労が肩こりの原因になることもあります。
肩こりがひどくて辛い場合は、病院にかかるようにしてくださいね。

この記事では、病気が原因でない、いわゆる肩こりについてお話していきます。

このぐらいは知っておきたい「肩こりの基礎知識」

肩こりの「こり」とはいったい何のことか、ご存じですか?
それは、筋肉がとても疲れた状態、つまり「筋疲労」です。
首・肩まわりの筋疲労が解消されずにいると、肩こりになります。

「筋疲労」から「肩こり」に至るメカニズム

首や肩は、頑張っている!
人は、5kgの頭を首で支え、左右4kg・計8kgの腕を肩甲骨まわりで支えています。
大変な重さを支えるために、首や肩甲骨まわりの筋肉は、毎日頑張っているのです。
筋肉が頑張り切れなくなる=筋疲労
私たちは年齢を重ねるにつれ、筋量が減っていきます。
30歳を超えると10年おきに3~5%の筋量が減少します。
首や肩に負担のかかる姿勢を長く続けていると、やがて「筋疲労」を起こしてしまうのです。
筋疲労から血行不良に
筋疲労になると、筋繊維は膨張し、血管を圧迫します。
すると血流が悪くなり、筋肉内に乳酸などの老廃物が排出されず蓄積していきます。
この情報が脳に伝わり、「違和感」「コリ感」「痛み」などを感じるようなります。
これが「肩こり」です。
肩こりの慢性化
筋疲労や血行不良が解消されない状態が続くと、痛みが自律神経系に影響します。
そうなると、ますます肩こりが治りにくく、悪循環におちいります。

肩こりは、そのままにしてはいけません。
原因を知って、対処しましょう。
「どうせもう治らない」は、あなたの思い込みなのです!

思い当たりますか? あなたの肩こりの原因

肩こりになりやすい人は、こんな人です。
あなたは、どのケースに当てはまりますか?

こんな人は、肩こりになりやすい!

  • 首や肩に負担のかかる姿勢になることが多い(PC作業など)
  • 同じ姿勢を長く続けている(動かない)
  • 猫背
  • なで肩
  • 運動不足
  • 痩せている(筋力不足)
  • ストレスがある
  • 冷え

思い当たった人は、自分で肩こりを改善することができそうです!

肩こりの根本原因はこの3つ!

肩こりの根本原因は、以下の三つに集約されます。

  1. 筋疲労
  2. 血行不良
  3. 自律神経の機能不全

次の章からは、肩こりの3つの根本原因を解消する、改善方法を紹介します。

自分でできる!肩こり改善方法はコレ

まず、PC作業など「首や肩に負担のかかる姿勢」が多い人は、正しい姿勢を身につけましょう
「パソコン作業 正しい姿勢」などで検索してみてください。

次に、座りっぱなしなど「同じ姿勢を長く続けている」人は、時々立ち上がって伸びをして、ちょこまか動く習慣をつけてください。

そして、「猫背」「なで肩」「運動不足」「痩せている(筋力不足)」「ストレスがある」「冷え」に該当する人の、肩こり軽減・予防方法を、次にお話ししていきます。

肩こりの改善方法はこの3つ!

  1. 筋肉を整える
  2. 血流を改善する
  3. 自律神経を整える

具体的にどんな方法があるか、詳しくみていきましょう。

肩こり解消方法①「筋肉を整える」

  • 筋力トレーニングをして、筋疲労を防ぐ
  • ストレッチで、固くこわばった筋肉をほぐす
  • 筋肉を養うたんぱく質、筋肉を動かせるようにするカリウム、マグネシウムなどの栄養素を摂る

たんぱく質を多く含む食品
肉・魚・卵・乳製品・大豆製品

カリウムを多く含む食品
ほうれん草・小松菜・春菊・かぼちゃ・じゃがいも・バナナ・アボカド・大豆・小豆 など

マグネシウムを多く含む食品
ひじき・昆布・わかめ・アーモンド・大豆・のり・ごま など

肩こり解消方法② 「血流を改善する」

  • 運動をする
  • お風呂や温熱器などで温める
  • ビタミンE、DHA、EPAど血行を促進させる栄養素を摂る

ビタミンEを多く含む食品
小麦胚芽油、ひまわり油、ベニバナ油・ナッツ類・ひまわりの種・ほうれん草・ブロッコリー など

DHA・EPAを多く含む食品
まぐろ・ぶり・いわし・さば・さんま など

肩こり解消方法③ 「自律神経を整える」

  • 運動をする
  • 規則正しい生活をする
  • ストレスを減らす
  • リラックスする
  • 呼吸法や瞑想などを行う

いかがでしょうか?
ご自分で取り組めそうな、肩こり解消方法はありましたか?

マッサージや整体・鍼灸・湯治なども、良いですね。
ですが、 自分ひとりで日常的に取り組めて、根本的な解決策であり予防にもなる点で、 「姿勢を正すこと」「運動を続けること」は、肩こり解消に非常に優れた方法です。

肩こりをラクにしてくれる3拍子揃った健康法は、ヨガ!

肩こりを自分で治したい人に、私がおすすめするのは、ヨガです。
ヨガは、3つの肩こり解消法「筋肉を整える」「血流を改善する」「自律神経を整える」全てをカバーするプログラムだからです。
また、ヨガは運動習慣がない人が取り組みやすいという点で、おすすめします。

肩こりに効く!ヨガの「筋肉を整える」作用とは

ヨガのポーズでは、自重による適度な負荷で、弱った筋肉を強化する、筋力トレーニングの作用があります。

また、ヨガのポーズでは筋ストレッチも行います。筋疲労で硬く短くなった筋肉をやさしく伸ばします。

筋力トレーニングとストレッチのダブルの作用で、姿勢改善効果も期待できます。

肩こり解消! 筋トレ&ストレッチできるヨガのポーズ

  • 板のポーズ
  • 猫のポーズ
  • 鷲のポーズ
  • 牛顔のポーズ
  • 下を向いた犬のポーズ
  • 賢者ヴァシシュタのポーズ
  • コブラのポーズ
  • ねじり系のポーズ全般

肩こりに効く!ヨガの「血流を改善する」 作用とは

ヨガでは、日常生活では動かすことが少ない背中や腕、意識しづらい背骨まわりを、積極的に動かしてほぐします。

肩こり解消!血流改善できるヨガのポーズ

  • 太陽礼拝
  • リラックス系のポーズ全般

肩こりに効く!ヨガの「自律神経を整える」作用とは

ヨガは、ゆっくりと注意深く、自分でコントロールしながら体を無理なく動かしていきます。
これが、自律神経に作用し、リラックスモードに導いてくれます。
リラックスすると、血管が広がり血流も良くなります。
ストレスを軽減し、肩こり慢性化の悪循環を断ち切ることができます。

肩こり解消! リラックスできるヨガのポーズと呼吸法

  • 前屈系のポーズ全般
  • 逆転系のポーズ全般
  • 屍のポーズ
  • 片鼻交互呼吸法
  • ブラフマリ呼吸法
  • 瞑想

ヨガは、3つの肩こり解消法「筋肉を整える」「血流を改善する」「自律神経を整える」全てをカバーするプログラムです。
ぜひ、安心して続けられそうなヨガ教室を見つけて、クラスに参加してみてくださいね。
忙しい人は、動画やDVD、オンラインという方法も選べます。
ヨガを賢く活用して、肩こりをラクにしていきましょう。

今年こそ肩こりを卒業しよう!

いかがでしたか?
あなたの肩こりの原因について、思い当たる点が見つかったでしょうか?
また、ご自分で取り組めそうな、肩こり解消法はありましたか?

「ヨガがよさそうだな…」と思った女性は、ぜひ「きほんのヨガ」にいらしてください。
「きほんのヨガ」は、神奈川県横浜市の東戸塚・戸塚・上永谷・上大岡・南区や港南区周辺の女性が参加している、地域のリーズナブルなヨガ教室です。
生徒さまからは「肩こりが治った!」というお声を多数いただいています。

「どうせもう治らない」とあきらめないでくださいね。
今年こそ、肩こりを卒業しましょう!!

あなたの肩こりに狙い撃ち!マンツーマンのオンラインヨガレッスンも承っています。
詳細は オンラインレッスンのページから ご覧ください。

女性のためのオンラインヨガレッスン
画像をアップロード

ご予約・ご相談

お問合せはお気軽にどうぞ